傷みのない分娩

女性が赤ちゃんを出産する時に付き物なのが、陣痛です。陣痛は、今まで体験したことがないくらいの痛みが長時間続きます。妊婦さんにとっては、子どもを産むことは命をかけた行為です。ただでさえストレスがかかることなのに、いつ終わるかも分からない痛みにひたすら耐える必要があります。そんな妊婦さんの負担を軽くする処置が、無痛分娩です。 無痛分娩というのは、出産時に腰から下に麻酔をかけることで、お産の痛みを和らげる分娩方法です。ですから、痛みに耐える必要がなく、今までよりも楽に出産が可能になります。しかし、麻酔等の処置の費用は上乗せされます。お産自体は非常にスムーズにとり行われ、産後の回復も自然分娩と同じように順調なので安心です。

無痛分娩は、妊婦さんにとっては痛みがなくなるのでメリットが多い処置です。比較的リラックスして出産ができるので、近年では人気があります。しかしながら、無痛分娩を選択する時は少し気をつけなければいけないことがあります。それは、無痛分娩は痛みが和らぐので、陣痛が来ている感覚がつかみにくいということです。ですから、出産時に子どもを産むためのいきむタイミングがつかみにくいケースもあります。ですから、出産自体が長引いてしまう可能性もあります。 その他にも、分娩時に痛みが少ないために、産後に後陣痛を強く感じやすいという可能性があります。ですが、痛みが強いときは医師に相談すれば、薬を処方してもらう事が可能です。